弁護士の紹介

名前

衛藤 祐樹(えとう ゆうき)

生年月日

昭和54年4月2日生まれ

経歴

平成10年3月   広島大学附属福山高校 卒業
平成10年4月   大阪大学法学部 入学
平成14年11月  司法試験合格
平成15年3月   大阪大学法学部 卒業
平成15年4月   最高裁判所司法研修所 入所(57期)
平成16年10月  弁護士登録(大阪弁護士会)
          弁護士法人中央総合法律事務所 入所
平成23年3月   弁護士法人中央総合法律事務所 退所
平成23年4月   兵庫県弁護士会へ登録換え
          神戸えとう法律事務所 開業

役職等

平成20年4月  大阪大学法科大学院「再チャレンジ支援プログラム」弁護士アドバイザー
平成22年4月  大阪商業大学 非常勤講師(経済法)
平成23年2月  神戸リメイクプロジェクト 監事

主要著作

「一問一答 新保険法の実務」共著(経済法令研究会)
「一問一答 新会社法と金融実務」共著(金融財政事情研究会)
「企業のための役員職務・処遇関係ハンドブック」共著(第一法規)
「TAX&LAW事業再生の実務」共著(第一法規)

ごあいさつ

初めまして。神戸えとう法律事務所 弁護士の衛藤 祐樹(えとう ゆうき)と申します。

現代社会において、法的規制は、多様化、複雑化しており、弁護士に求められる法的知識は極めて高度なものとなっています。
私は、そのような複雑多様な法社会において、どのような法的問題に対しても迅速・的確に対応できるよう、日々、法律知識の修得に励んでいます。

ただ、私は、単に機械的に法務サービスを提供するだけの弁護士ではありたくないと考えています。
弁護士として相談を受けていると、大きな問題を抱えて苦しい状況にある人によく出会います。苦しい状況が続く中で、後ろ向きになり、情熱を失っている人もいます。

私は、弁護士としての業務を通じて、そのような人たちに「情熱」をお渡ししたいと考えています。
自分自身が情熱をもって弁護士としての業務に取り組むことで、お客様に「情熱」という勇気・希望の源をもお渡しする、そのような弁護士になりたいと考えています。

当事務所の取り組み

私たちの住む神戸の街。当事務所は積極的に地域活性の活動に取り組んでいます。
また、士業活動の支援としてセミナーを主催。これから士業を目指す大学生の非常勤講師など、様々な取り組みを行っています。

当事務所の取り組みについてはこちらをご覧ください

produced by a-ngbサロン経営 マネジメント